嫁に来ないか

ミニコミ雑誌「嫁に来ないか」の編集長のブログです。2015年おはぎ号(無料!) noteにて発売中!

騙されて筑波

112701.jpg

週末、騙されて筑波山に登りました。

私は、紅葉の中でお弁当を食べる遠足のような事がしたいと伝えたつもりだったので
散策の気分だったのですが、
ついた所はつるつるの岩と岩を登ってゆく
動物園の猿山のような絶壁でした。

112702.jpg

こんなに狭い足場なのに連休中の人々がひしめきあっていて、ロシア人も興奮していて、怖かったです。
当然、作ったお弁当も食べれずじまい。

私が通っていた高校は、2年生になると、体力に合わせた山登り旅行に出かけなければならなく、その練習としての遠足で下山中に転んで手首を不完全骨折したり、
行った白馬の頂上の絶景で何も感動できずにただ「早く帰りたい・・・」とつぶやいたあの日から、もう一生山は登りたくないと思っていた私なのに・・・・

ぜえぜえ息を切らせて休み休み行く私を、団塊の世代たちが軽快に追い抜いて行きます。
遠足で、先生とマンツーマンで一番後を行く、クラスで一番身体の弱い子の状態です。

高いところは大好きなのですが、人の揺れで自分も揺れてしまう三半規管の持ち主なので、女体山頂(なんつう名称)では、どっちが東京だよとかの方向を示す石盤を抱いたまま、一歩も動けませんでした。

ただ・・・・
なんということでしょう・・・・

なんともはや・・・き きもちがいい・・・・!!!!

この空気のおいしさは一体・・・・

山頂では一筋、風が通る場所があり、その道筋の先には祠が。なるほど。

学生時代は、遅れてはいけないと辛いだけだった登山でしたが、
自分のペースで歩けると、こんなに楽しいものだとは。
(登山というか山歩きですが)
おまけにBPも解消!

やっぱり運動?

山歩き、ちょっとはまってしまいそうです。