嫁に来ないか

ミニコミ雑誌「嫁に来ないか」の編集長のブログです。

小説「ボッカとロッカ」毎朝7時更新!

五代目桂文三襲名披露興行


e+のプレオーダー予約をしていて運が良すぎるとこのように毎週落語に行く事になってしまいます。
ちなみにまた志の輔は取れませんでした。。。


上方落語は今まで三枝しか観た事がありません。
早口になると、関西弁が、聞き取れなくなるのであまり得意ではないのです。
(漫才もしかり)


今回は鶴瓶の落語が見てみたくてチケット取ったのですが
文珍の落語がすばらしくてびっくりしました。
あの顔で(失礼)あのキャラで(失礼)というタレントイメージが強かったので
女性をやっている時の奇麗な声とかほんとびっくりしました。
あと初めて「はめもの」を見て嬉しかった〜。
あと三枝が去年観たときよりも老けて京唄子に似てました。


ちりとてちんのエピソードに出てきた「崇徳院」がかかって感動!