読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫁に来ないか

ミニコミ雑誌「嫁に来ないか」の編集長のブログです。2015年おはぎ号(無料!) noteにて発売中!

着物反省記・二重太鼓の巻

ハッチモ夫妻はけつこん前から数えて6年のお付き合いになるのですが、
二人で写っている写真がほとんどありません。
式のようなものを、二度目の私が面倒くさがってやらずにいるのと、
夫がTOO SHY SHY BOYで二人で写真はおろか、私のことすら写真に撮ってくれないので、記念となる写真は夫が一人で写っているものばかり。

たまに夫に撮ってと頼んでも、恥ずかしいと言って適当に撮るので、これだったら映してもらわないほうがというような不細工な私ばかりが記録として残っています。


そんな夫だったのですが、先日ピクサーの「カールじいさんと空飛ぶ家」を見終わった後、開口一番「やっぱり二人の写真を撮らないとだめだ!!」と言い出しました。
え?映画の感想それ?と思ったのですが、確かにこのままではどちらかが死んだ時に残る写真は、ズーラシアでスタッフに無理矢理やらされたWピースのオカピース写真」だけ。。。



「はい、オカピース☆」と言って撮られた屈辱の一枚。寒すぎる。


よし、じゃあこれから毎年けつこん記念日近辺で家族写真を撮っていこう!という事になり、夫がネットで探してきたフォトスタジオにいざ、出向いたわけなのですが。。。


前置きが長くなりましたが、いつものようにギリギリに起き、間に合うか間に合わないかという中で着物を着ていて、やっぱり記念写真だからいい帯にしよっと、と言って普段しめない帯を出しておいたわけですよ。
そして巻き始めて気がついたわけですよ。長い、と。
これは袋帯、と。(この時点でリミットタイム、あと15分)

★ハッチモ着物ヨ話
説明しよう。袋帯とは、袋状に仕立ててある長い帯で、本来留袖や振袖などフォーマルな装いに用いる帯です。が、現代では金銀の糸が少ないものは付け下げや小紋などカジュアルめにも使用できます。
また、「洒落袋」といってお洒落を目的に袋帯状に仕立てられたものもあり、こちらは紬なんかにもしめられます。
長い帯なので、「二重太鼓」という、お太鼓を二重にする結び方をします。


ハッチモが今までアップしてきたものでいえば、
これとかは半幅帯これとかは名古屋帯で、これとかが袋帯です。
普段着、おしゃれ着、フォーマルってかんじでしょ?オワリ


二重太鼓なんて練習でしか結んだ事がなく、しかももう練習したのは半年くらい前・・・・一瞬蒼白になったものの、どちらかといえば普通のお太鼓より二重太鼓の方が先生に褒められていた事を思い出し、頑張って記憶を呼び起こしながら結ぶものの、なんかぜったいこれ違う!!!だって二重になってないし!!!!
しかし時間がもうなかったのでとにかく羽織だけ羽織って家を飛び出す。写真は前からしか撮らないから大丈夫よね・・・と思いながらけつこん指輪も忘れた事に気づく。強風で髪もぐしゃぐしゃに。泣きたい!!!
電車の中アイホンで、あらためて二重太鼓の結び方を検索してみて、やっぱり全然違う事を確認。それはいいのだけど(よくないけど)、さっきから気になっているのは、帯がかなり取れてしまいそうなこと・・・
原宿駅につき、子供達の多さと、50人くらいの人が固まってクレープを食べているゾーンを通り抜けなくてはいけない事にくらくらしながら、ここで帯がほどけたらと気が気ではなく。


スタジオで夫がなにやら記入させられている隙に、スタッフの人に、帯を結び直してもいいかそっと聞いてみる。何分くらいかかりますか?と聞かれて5〜10分くらいなので、と答え、試着室に通してもらってホッとして、結び以降だけやればいいから・・・と帯を解き始めて気がつく。


仮紐がない。
イヤァァァァァァ!!!!

(参考→ここの7)


狭い試着室の中で冷や汗をだらだらかきながら、帯締めを仮紐がわりにしてみるが、帯締を結ぶ過程で仮紐がわりにしていたそれをとると、どうしても帯がゆるんでほどけてしまう。
焦る私。結局20分ほど格闘して、なんとか形にして出て、夫にとにかく曲がっていないかどうかだけ確認してもらって、汗だくの汗を拭き、撮影に。カメラマンに「帯の後ろは撮らないでください!!!」と頼みつつ。。もう結び直した意味は「とにかく帰るまでほどけないように」というだけに。


さて恐る恐る家に帰って、もろもろ見直してみました。



着物は小紋。前から見ればなんとか。帯揚げ(黄緑色の布)の処理が甘いけど。。



たれが長過ぎて写らない!!半襟見えちゃってる!!!髪も乱れ過ぎ。
たれは、お太鼓から人差し指1本分の長さが美しいとされているのですが。。。



なんと外れる寸前!!!!! 危なかった・・・・



二重になっている部分がピッタリしているのが美しいのですが。。。
たれとお太鼓が離れすぎている!
帯揚げもねじれてるし。


これはイカンと、忘れないうちにほどいて結び直し。復習です。



二重の部分、これならまだOKラインのぴったりさ?



うーーーん ちょっとお太鼓大きいかな・・・・



柄の出方はばっちり・・・って、帯にばっかり気を取られてたけど、着物の背中心、曲がってるし!!!!



こっち側の二重部分、離れてるなぁ・・・


たまには袋帯も練習しとかないと、いざという時泣きますね。
しかも袋帯しめる時なんていつも以上に奇麗に着なくてはいけない場面だし。。
いざという時は必ず時間がないので、焦ってとんでもないことになるから普段から手が覚えてないといけない、練習あるのみ、という良い教訓になりました。。。
ちなみに今日、両腕が筋肉痛です。帯結びが筋トレになるなんて!