嫁に来ないか

ミニコミ雑誌「嫁に来ないか」の編集長のブログです。

小説「ボッカとロッカ」毎朝7時更新!

梅酒2011

今年もやってきました。梅仕事の季節です。



今年の梅は西吉野のオーガニック古城。
5kgもいらないのだけれど…。もう場所が。。来年は誰かとシェアしようかしら。



3時間水につけてあく抜き。
私は梅に穴を開ける派なんだけど、開けると酒がにごるってほんと?



3kgを氷砂糖とホワイトリカー、
1kgを氷砂糖とブランデー、
1kgを氷砂糖と黒糖とホワイトリカーで。


ホワイトリカーと氷砂糖の3kgのうち、1kgは、赤子が20歳になった時に開けて、一緒に飲もうと思って別瓶に。うふふ 素敵やん!!


ところで梅酒の梅は長く漬けとくと渋みが出てしまうので私は1年半くらいで引き上げるのですが、その使用法がなんかないものかねー、ジャムあんまり食べないんだよなー、と調べて、肉を煮ると良いとあったので豚バラを煮ました。



これうまい!!!!!大量に梅が消費できるし、しかも簡単。
豚バラ1kgに20個〜30個くらい(肉の隙間に詰められるくらい)の梅酒の梅を入れて、肉がかぶるくらい水を入れて茹でて、あくをとって、水が半分くらいになったら醤油を水の半分の量くらい入れて(最初、やばい入れすぎたかなと思うけど割りと大丈夫)、照りよく煮詰めて出来上がり。梅はソースみたいにかけて食べると美味しい。肉やわらか〜。香りがいい〜。手早く角煮みたいなのが出来ます。2日目は味がしっかりついて、叉焼みたい!
私は青梅の黒糖梅酒の梅と、完熟梅の梅とで作りました。


いつも作っている鶏手羽の梅干し煮にも煮てるけど、手羽とかを煮てもすごく美味しそう。
私は今度はヒレ肉でやってみます。梅がまだまだあるから!