読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫁に来ないか

ミニコミ雑誌「嫁に来ないか」の編集長のブログです。2015年おはぎ号(無料!) noteにて発売中!

3/2

保育園にお迎えがてら、手芸店で細い紐とその紐を止めるボールを買う。体操着袋の紐を取り替えてみるのだ。
本当はその他の諸々必要なものも買いたかったが、何が必要になるのかがまだ決まりきっていないのだ。どの布でなにを作るか決めきれていないので何色のものを購入すればいいのかわからない。
かわりに…かわりにといっていいのかわからないが、ソーイングの基礎知識が書かれた本を一冊購入した。もっと早く買うべきだった。

裁縫をしはじめて、いちばん始めの作業こそがとても重要なのではないかと思い始めていた。
恐れていたミシンの作業は、そりゃ、全然曲がってしまったりするのだけれどそこまで大変なことではなく、むしろ、型紙から線を取ったり、そこからキレイに布を切り取ったりすることが、物事を簡単にさせるコツのように思う。ミシンは中華料理でいうところの、炒め合わせる段階のようで。
なので、まっすぐ線をひけなかったり、まっすぐはさみで切れなかったりする私は、後々どうがんばってももうリカバーできないのだ。
もっといえば、用途に適した布を選べることが、簡単に裁縫を遂行させるコツのひとつのような感じもある。そのあたりは着付けと似ていて、自分のサイズのおあつらえを着ることが、結局着付けが早くキレイにうまくいくことと似た感じがある。線を決めて、折り曲げていくのも。

体操着袋の紐を細いものに入れ替えてみた。太い紐よりはましだが、まだ固い。
ううむ、と唸りながら指南書の他の巾着袋を見てどうにかならないものか考えていると、娘が「ヤダ!クリレちゃんのはこれ!これがいい!」と言って彼女の名の入った(一部破れのある)体操着袋を抱えてやってきて、「できるよ!ホラ!みてて!」と開けたり閉じたりをがんばってやってみせた。

もっとちゃんとした、いいものを作ってやりたい。
私には、裁縫に関する手先の器用さも勘もまるでないが、研究するしつこさがある。
ベッドの中、寝息をたてる娘の横で、裁縫の基本の本を最初から最後まで読みふけった。