読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫁に来ないか

ミニコミ雑誌「嫁に来ないか」の編集長のブログです。2015年おはぎ号(無料!) noteにて発売中!

3/13

はじめてのミシン日記_幼稚園入園準備編

東京からわざわざ家庭科上手の友人が手伝いに来てくれる。
ミシンを置く机とアイロン台の位置関係を褒められて嬉しい(移動せずに両方できるのだ)。

まずは一昨日のスモックのバイアスづけから。
先生が作ってくれたペラペラの細長い布を、友人はアイロンでちょいちょいっと観音折りしていく。その手つきは、パイかなにかを作っているときのと同じかんじで、見ていると不思議と美味しそうに思えてくる。
ひょいひょいひょいっと待ち針を止めていく友人は、その作業の間ずっと私と会話をしていた。そのことに、私は感心した。そうか、得意な人は、喋りながら出来るのか。私なんか、集中していたって間違えるのに。

ミシンの前に座った彼女は、へぇ、最近のはねぇ、などとほころびながら、タタタタタッと軽い感じで縫い上げて行く。布押さえの金具が彼女の持っているミシンと違うらしく、都度、その手がいつもの位置を探すように舞う。
あっという間に首回りにゴムを通す場所が出来た。
「こんなかんじで」と彼女は裏を見せてくれた。全然理解が追いつかなかった私は神妙に頷く。けれどきっとこういうのは、やり始めれば、わかりだすに違いない。

次に、エプロンの額縁始末と、この先の作業に出て来る困難なところはどこかを教えてもらおうと、指南書を渡した。その間に私は糸の色を取り替える。糸通し機能を興味深げに見る彼女に、やや得意顔で糸を通そうとしたが、2度失敗する。感心してくれている彼女に乾いた笑い声を吐きながら、下糸をセットしていると「あ、それ、逆だよ」との指摘。ボビンを入れるところにわざわざ方向が描かれているにもかかわらず、ずっとボビンを上下逆に入れていた。だから返し縫いをしたところがぐちゃぐちゃになっていたのかも…。人に来てもらって良かった。

「たぶん、あと難しいことがあるとすれば、ボタンホール作りくらいじゃないかな」友人は言った。ボタンホール。ミシンの講習会で習ったので、これには自信があった。何しろセットすれば自動的に出来上がる。友人にも、ボタンホールを作る機能がミシンにあることを説明し、抑え金をボタンホール用のものに取り替え、操作を教える。友人は試し縫いをする。が、ボタンホールにならない。ミシンの説明書を手ににらめっこする友人。「まず、作りたいボタンをこの抑え金具にセットしなくちゃならないね」と言われる。そりゃそうだ。じゃなきゃ、どうやってミシンは自動的にそのボタンの大きさの穴を作るのだ。そうか、ボタンだったか、と、裁ちバサミを持って2階のクローゼットにかけあがり、もうどうでも良いカーディガンはないか見渡した。我が家に余分なボタンなどないからだ。これがいいか、と手にしたカーディガンが運良くタグに予備のボタンがついているものだったのでそれを取って引き返す。ボタンをセットしてみる。はあはあなるほど、それでそういうわけか。ミシンを踏む友人。布は進んで行って、自動的に引き返してくるはずなのだが、一向に帰って来ない。ただ、太く縫われて行くだけ。友人は眉間に皺をよせて再度説明書に顔を埋める。すいません。やり場のない私。そして、眉寄せたまま友人は、ミシンの丸みに手を伸ばすと、スッと、おもちゃのパターのようなバーを引き下ろした。え、今、それ、ど、どこから出した?そして無言でミシンを踏む友人。引き返して来た!ボタンホールになった!!はあ、はあ、なるほど!つまりそれは金具をストップさせ、引き返させるためのバーなのだった。ああ、本当に友人が来てくれて良かった!私一人だったらと思うとゾッとする。
出来上がった試し縫いのボタンホール上部に、友人は待ち針を水平に刺す。そして、リッパーで、縫い目の真ん中を裂く。待ち針は、リッパーが行き過ぎてボタンホールを壊してしまわぬよう、ストッパーの役割なのだ。

次は額縁処理。指南書の通りに余布で練習する友人。私と同じく、印は指南書とは裏表逆にしかつかない。私も合っていたのだ。友人は本番の布を持って少し動かした。やはり私と同じで三角形がキレイに揃わない。少し怖がる友人に、「いい!いい!やっちゃって!」とエールを送る。友人も「もし、やらかしちゃっても、どうにかはするから!どうにかはするから!」と二度言って、また一度手をひらひらと舞わせてからおさえ金をバチンと下ろし、縫い、えいやと鋏を入れ、ひっくり返す…と、出来た!!驚嘆の声が二人から上がる。

どうする、じゃあもう片方の角は…というところでもうタイムリミット直前。
「あの、じゃあ、バイアスだけもう一度教えて、それでバイアスの片側だけ待ち針で止めて貰えれば!」と慌てて言い、もう一度つけ方を説明してもらって、娘のお迎えがてら、友人を車で駅まで送った。