読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫁に来ないか

ミニコミ雑誌「嫁に来ないか」の編集長のブログです。2015年おはぎ号(無料!) noteにて発売中!

3/21 その2

はじめてのミシン日記_幼稚園入園準備編

夫と娘が寝静まって、お弁当袋とコップ袋にとりかかる。

お弁当袋とコップ袋は、エプロンを作った手紙社の木々の布で作ろうとしたところ、底が輪になる作り方では裏側の模様が逆さまになってしまうということに気がついて頓挫していた。
しかし、バッグなどでは底をはいで作る方法があるのだから、張り合わせる形でどうにか作れるはずだ。持っている指南書は二冊とも底が輪の作り方しか載っていなかったので、ネットで検索する。しかし、底布を別布で作るタイプしか出てこない。ワードをいろいろ組み合わせて検索するが、次第に面倒になってきた。底布を別布か…。持っている端切れを合わせてみる。しっくりこない。ふと、鎌倉スワニーで購入した安売りの布の裏に、無地の黄緑色の布をあててみる。あー、これでいいんじゃない?緑色なら、買っておいた紐や紐止めの玉の色とも合うし。
ほとほと検索に疲れてしまって、ついに私は木々で作ることを諦めた。

ところが指南書をめくるが、二冊とも、裏地つきのお弁当袋の作り方が載っていない。
一枚だけでは薄くて心もとない。私は幼稚園から中学までのお弁当生活で、何度となくお弁当袋に茶色い染みをつけてきた。鞄に染みたときの最悪さ。二枚で作りたい。
iPhoneで検索すると、今度はすぐに良さそうなサイトがヒットし、スリープ状態になりそうになるのをタップしながらこうかなこうかなと作ってみる。

まずは面積が小さく、紐が片側のみのコップ袋から。
底が合わさった二つの袋をくるりとひとつにかぶせるのだが、全体的な理解が及ばなかったため、表側の布と内側の布を逆にしていて、くるりとひとつの袋にしてみたら紐通しの部分がふさがってしまった。ここまできてもまだ間違うか、と自分に感心する。リッパーでほどいて縫い直し。
出来上がり、コップを入れてみる。底にマチがないので安定感はあまりない。そうだ、確かコップ袋にはハブラシも入れるんだっけ、と差し込んでみる。ハブラシが、はみ出る。巾着からはみ出るということは、曰く、抜け落ちる可能性が高いということだ。入れ方を工夫し、なんとか口から出ないようにハブラシをしまってみる。出来なくはないが、雑な幼稚園児がこんな工夫をしてくれるとは思えない。作り直しか。しばし考え、とりあえずお名前テープで名前をつけて、完成にした。コップ袋は入園してすぐに使うので、とりあえずこれを使って、余裕があったらまた作れば良い。何しろ原価がとても安く、同じ布はまだ余っている。

お弁当袋もなんとか出来上がり、購入した弁当箱を入れてみたところ、マチが少し大きすぎた。安定しないことに染みへの不安感はつのる。それに、紐が少し長過ぎる気がする。ううむと考えていると、聞いていたラジオ「エレ片のコント太郎」が終ってしまった。お名前テープを貼って、とりあえず完成ということにした。練習でお弁当箱を使って食べてみた時に、娘が足りないと言っていたので、すぐに大きい弁当箱を購入するかもしれないし、なにしろもう3時だし。
両方なにかスッキリしない完成品だが、比較的簡単な作りのものは安い布で作るとまた作ればいいやと思えるのが良いし、「かなり安くしあげることが出来た」という手作りならではの満足感をはじめて味わえたことは、なかなか良かった。

縫い物をしていると、夜更かしをするので普段は眠ってしまってpodcastしか聞けないラジオ番組が聴けて良い。サザエさんにもよく、落語なんかをラジオで聴きながら縫い物をしている女の人が出て来る。エレ片聴きながらお弁当袋を縫っているお母さんも、私だけではあるまい。


www.tbsradio.jp