読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫁に来ないか

ミニコミ雑誌「嫁に来ないか」の編集長のブログです。2015年おはぎ号(無料!) noteにて発売中!

入園式の着物

入園式、バッタバタで出かけて帰ってきて、よれよれですが、着た着物。着ただけ偉いと思って色々と見逃してください…!(コンタクトすら買えなかったので写真撮るときだけ裸眼!)
 
f:id:yome_koi:20150408142304j:plain
雨だったので裾をたくしあげていたのでよれよれ…。
時間なかったのでお太鼓して羽織でごまかしました。羽織紐が見当たらず。
時間が出来たら着物関係整理しないとヤバい。
 
式で見かけた和服のお母様たちは私含めて全員ピンク!
遠目に見て江戸小紋ぽい、無地っぽい着物に、どっしりとした金糸の入った華やかな二重太鼓ってかんじでかっこよかったです。
羽織、黒と迷ったのですが、そんな昭和なお母さんは今はいないのですね。スーツの流行もベージュなど明るめの色だったから、羽織がこの色で正解でした。
 
f:id:yome_koi:20150408142248j:plain
結局自信もなかったので羽織は脱がなかったのだけど、脱ぐとこんな感じ。
別の意味のママっぽい。羽織、けっこう印象変わるものですね。
着物、帯、帯揚げ、帯留めを並べてみた時は、地味かな〜と思ったんですが、着てみると案外派手な着物でした。着てみないとわからないものだなぁ。
(ところでおはしょりの長さヤバいですね。)
 
この着物は祖母のもので、「私が死んだらお棺に入れておくれ」と言われ、預かっている小紋。焼かれる前に着ないと!と思っていたのですが、着る機会がなかったので、今回着れて良かったな。また着たいので、生きろ、祖母よ(現在90歳)。
 
f:id:yome_koi:20150408143717j:plain
染めの中、随所に刺繍がほどこされています。
 
f:id:yome_koi:20150408143731j:plain
なので羽織も合わせて刺繍物。
羽織も祖母のお下がりなので、着物とサイズが合うのが楽。私には裄がちょっと短いのですが。
 
f:id:yome_koi:20150408153323j:plain
寒かったので初めて使ってみた足袋インナー。
これに白い別珍の足袋を履いて出かけました(誰も見てないし体育館はなり振りかまってらんない寒さ!)
インナーの感想は、正直よくわからなかった!でもないよりはあったかいと思う!
この前「和服用ストッキング」というのを見かけたので、そちらの方があったかそうではあるなぁ。
 
去年全く着られなかったので、今年は着物を着ていきたいです。
ただ、幼稚園の送り迎えが自転車での山登りなんですよね…。