嫁に来ないか

ミニコミ雑誌「嫁に来ないか」の編集長のブログです。2015年おはぎ号(無料!) noteにて発売中!

新年のごあいさつと黒豆のレシピ

f:id:yome_koi:20160102114556j:plain
あけましておめでとうございます。
iPhoneのカメラの調子がおかしいですが、本年もヨメコイをよろしくおねがいいたします。

さてここ数年チャレンジしていたおせちの黒豆。
f:id:yome_koi:20160102114613j:plain
うちの妹が黒豆が好きで、皺が入っているとまったく食べてくれないので、祖母の味と食感に近づけるべく毎年がんばっていたのですが、今年ようやくみんなに褒めてもらえたので、年末の私のためにここにメモっておきます。

使用した豆:富澤商店の飛切 新豆500g
砂糖:コストコのオーガニックシュガー 3カップ
醤油:大さじ3強
鍋:フィスラーの片手圧力鍋
落としぶた:クッキングシート


1.鍋に豆をいれて、豆にかぶるくらい(多め)水をいれて、豆をとりのぞいて、醤油、砂糖を入れて煮とかし、火を止めてから豆を入れて落としぶたをして5時間放置。

2.鍋に火をかけて、あくがでたらすくって、液体のごく一部に気泡があがってくる程度に火加減を調整。豆を踊らせぬよう、露天風呂に豆が浸かっているようなイメージで。
沸騰しそうになったら差し水をしながら、5時間煮て火を止めて翌日まで放置。

3.鍋に火をかけ、とろ火で3時間。火を止め冷めるまで放置。完成!


☆ポンイト☆
※ほっておくととろ火でもすぐに鍋がふいてしまうので、こまめに差し水をすること。
※差し水はお湯の方が安心なので、魔法瓶などに入れて置いておくと良い。

黒豆は液体から出てしまうなど急激な温度差にあたると皺がよるので、それを避けるよう微調整を繰り返してやると良いです。

今年は序盤にうっかり吹きこぼして少ししわが出てしまったので、来年は一度もふきこぼさぬよう、また、鉄を入れて黒々と煮てみようと思います!

豆も毎年いろいろなところで買っていたのですが、今年は「豆の味がしっかり出ておいしい」「やわらかい」「ねっちりしている」など好評でした。手に入れやすさからいっても、この富澤商店の飛切に落ち着きそうです。
shop.tomizawa.co.jp
200gでも売ってます。