嫁に来ないか

ミニコミ雑誌「嫁に来ないか」の編集長のブログです。2015年おはぎ号(無料!) noteにて発売中!

娘が病気のときに食べたがるもの

小林カツ代のエッセイで、熱で食欲なくぐったりしている息子(つまりケンタロウ)が、すったりんごは食べられて、食べると不思議と熱もすーっとひいていったというようなくだりがあり、妙にそのことを覚えています。
その家その家、その子その子にそういったものがあるのかなぁと思います。

うちの娘の場合、病気のときに「なにが食べたいか」と聞くと、決まって「おにぎりとお味噌汁」と言います。おにぎりの具は梅干、具は大根という指定です。
娘の好きな、なめこもあるよ、と言っても、病気のときは大根がいいと言います。

f:id:yome_koi:20160309114615j:plain
なんでいつもこれなんだろうなぁ。
お味噌汁、ふだんなら残したがる日もあるのに、病気のときは実に美味しそうに飲む。

f:id:yome_koi:20160309120135j:plain
おにぎりが2日続いて、回復してきたのか、昨夜はカレーうどんが食べたいと言ってきました。
お味噌汁用にひいた出汁に、子ども用カレー粉を溶いて、すぐ完成。
子ども用のカレー粉はそのままで甘いからみりん入れなくても味がすぐ決まるのがうれしい。
量はこの半分しか食べられなかったけど、全回復まであといっぽかな。

こどものためのカレールウ 150g

こどものためのカレールウ 150g

パッケージかわいくて買っちゃうやつ