嫁に来ないか

ミニコミ雑誌「嫁に来ないか」の編集長のブログです。2015年おはぎ号(無料!) noteにて発売中!

SUICAの扱い

家計簿で困るのがSUICAでのチャージ、支払いの記入。猛烈こんがらがる!
づん方式がいいなと思ったのは、手書きだとメモができるからこれらを解消できるところ。

f:id:yome_koi:20170108163729j:plain
JRで東京に行って帰るとそれだけで2000円以上かかります。
なので私はオートチャージを5000円に設定しているのですが、この日は買い物したら2回チャージされてしまいました。

SUICA払いしたものに黄緑のアンダーラインをひきます。
家計簿では「実際出て行ったお金の額」が知りたいので、内訳は記録として残し合算しません。

f:id:yome_koi:20170108161801j:plain
先程のページにメモとしてチャージ金額を記入したものの、
「オートチャージした金額は、クレジットカードで購入したものなのだから、クレカ支払いとして記入しべきでは?」と思い直し、支払い枠に記入し直し。(クレカ払いしたものには赤いアンダーラインをひいています)

SUICAの残高もメモとして残しておきます。

f:id:yome_koi:20170108162230j:plain
ちなみに私のメインクレジットカードであるVIEWカードのポイントはSUICAポイントに変換できるので、変換した時はメモとして残しておきました。この時は当然クレカ支払いとしての記入はありません。

f:id:yome_koi:20170108184935j:plain
一方、集計表の各項目のページには、「何にどのくらいお金を使っているのか」が知りたいので、SUICA払いもカード払いも関係なく、内訳の金額を記入します。
一応実際お金としての支払い金額の合計も記しておきます。

■SUICA払いまとめ
オートチャージした→家計簿にクレカ払いとして記入、集計表に記入
SUICAで購入したもの→家計簿にメモとして記入し合算しない、集計表に記入し合算
ポイント変換→家計簿にメモとして記入

自分がお金の流れを把握できて困らなければいいと思うので、しばらくこれでやってみて、なにか困ったことができたらまた考えようと思います。

楽しく、貯まる「づんの家計簿」 書きたくなるお金ノート

楽しく、貯まる「づんの家計簿」 書きたくなるお金ノート